HOME > CSR 企業の社会的責任 > 公正で透明性ある取引

公正で透明性のある取引

公正で透明性のある取引

光通信グループは、あらゆるステークホルダーをパートナーと位置づけ、全ての取引に対して「透明・公正・自由な取引」を実現します。
お客様に対する全ての企業活動は、「自分がどのように伝えたか」ではなく、「お客様にどのように伝わったか」「お客様がどのように理解したか」と考え、常にお客様がどのように理解しているかを確認しながら話を進めていく従業員を育成します(ユーザーに対する心得及び行動基本方針第7項)。
ユーザーと企業、相互の信頼につながる商品やサービスの調達・販売を行い、 共に利得を享受できる継続的な関係の構築に努めます。