光通信の強み

1 財務の安定性

業界最大の自己資本

業界最大のストック利益

当社が獲得したユーザーによって毎月支払われる基本契約・使用料金に応じて得られる継続利益(ストック利益)は、獲得後は一切の営業活動を行わなくても、得られる収益であるため、追加費用がかからず、損失が発生するリスクがありません。 また、このストック利益を積み上げることにより、市場環境に左右されない安定した利益を確保することができるのです。

設備投資不要なビジネスモデル

総合販売代理店となる光通信グループは、多額の費用を要する生産工場を抱える必要性がありません。また店舗展開に関しても、約80%が代理店や販売パートナーにより運営されているため、設備投資がかからないビジネスモデルとなっています。

その他の運営店舗でも、ホームセンター内にブース型の店舗を設置するなどローコストで効率の良い店舗展開をしています。この設備投資不要なビジネスモデルにより、光通信グループの圧倒的な販売網の構築が可能となるのです。

財務の安定性

2 事業の柔軟性

・データベースとTMシステム

・多彩な販売方法

・マルチプロダクト

・マルチキャリア+自社オリジナル商材